FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十二話 * ~茂樹の場合~ ①

後藤茂樹といいます。


僕は、中堅保険会社に入社して一年目でした。


実家は東京ながら、東北の或る都市に勤務していました。


本社での入社式の後に、配属先が東北だと聞いた時は愕然としたものです。


同期入社のほとんどは、関東近郊の支社なのに、僕は遠く離れた初めての土地。


あとから、それが出世コースだと聞き、溜飲を下げたものの、最初はこんな会社辞めてやる!と毎晩悪酔いしたものです。


あれは、暮れも押し迫った頃。


関東に残っている同期の森中佑介から、女性との飲み会に誘われました。


僕は、暮れから正月三が日まで冬休みで東京に帰ってきていたので、暇だったし、二つ返事でOKしました。


待ち合わせは、有楽町マリオン前。


銀座の飲み屋の個室を予約してあるようでした。


随分張り切っているなあと思ったら、佑介の目当ての女性とのセッティングで、彼にとっては勝負の飲み会だったらしいのです。


女性陣は、佑介が狙っている彼女とその友達の二人。


つまり2対2の飲み会に、僕が借り出されたワケです。


それも「ジャニーズ顔のイケメンを連れてくる」と約束したらしく、それが僕のことで、かなりのプレッシャーになりました。


僕が彼女たちのお眼鏡に適わなかったら、その場はかなり辛くなります。


正直、ルックスには自信がありましたが、今回ばかりは佑介を恨みました。


しかも佑介が既に一人に狙いを定めているということは、自ずともう一人を僕が相手をしないといけない訳ですよね。


女性として見れるか以前に気が合うかすら分からないのに、ずるいなあと思いました。


ここは、ホストに徹するしかないなと諦めて、僕は待ち合わせ場所に向かいました。


ちょうどマリオンのからくり時計が19時を告げていました。


その下に佑介と赤いコートとグレーのコートの女の子が二人、到着していました。


「お、来た、来た。後藤!」


佑介が手招きします。


「こんばんは。みんな早いね」


僕はにこやかに応じました。


何故なら、来ていた二人は、揃って結構可愛かったから。


「えっと、こちらが大隈妙子ちゃんで、こちらが内村郁美ちゃん」


佑介は、赤いコートを着ている妙子ちゃんに力を入れて、僕に紹介します。


はいはい、妙子ちゃんが佑介のお目当てですねと、僕は内心で了解しました。


「郁美です。よろしく~」


そして僕は、この子のお守りをすればいいわけですね。


よろしくと言って、表情を輝かせた内村郁美という女性は、ひと目で僕を気に入ったらしいことが見て取れました。


「後藤茂樹です」


郁美は、ふわふわとカールした髪を肩で揺らしながら、僕の隣に来ました。


まあ、僕もまんざらでもなく、ちょっとニヤけてしまったと思います。


四人揃って店に向かって歩き出しました。

人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。