FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十壱話 * ~杏子の場合~ ①

自宅の二階の洗面所。


ジャージャーと水道から水を出しながら、正面の鏡を見た。


右手には、眉毛剃り用の剃刀。


木村杏子は、自分の左手首を勢いの良い水流にあてた。


「…できない」


思わず、床に両膝をつく。


水道を一旦止めた。


膝をついたまま、洗面台に額を押し付ける。


 ―― 死ななきゃいけないのに。


杏子の鼓動は早まる。


数分前に、自宅にあった置き薬をありったけ飲んだ。


風邪薬。


朦朧とすらしない。


弱い薬しか家にはない。


どうやったら確実に死ねるのかもよく分かっていない。


とりあえず、杏子にあった知識は、薬を大量に飲むことと、手首を切ることしかなかった。


落ち着いた赤いセーターと細身のジーンズ。


そんなありふれた普段着。


さっきまで、年の瀬の大掃除をしていた。


自分が死んでから万が一見られると困るようなものは全て処分した。


両親と共に夕食もとった。


悟られてはいけないと思ったから、いつもどおりを装った。


偶然にも、杏子の大好物である母親特製のおでんだった。


男友達である有野毅には、さっきファックスを送った。


死ぬことをほのめかした最後の手紙だった。


 ―― もう、明日が来るのが怖いの…。


杏子の視界が涙で少し滲んだ。


洗面所の前で、手首に刃を当てては放すを繰り返していた。


階下から母親の足音が聞こえてきた。


トントントン…。


階段を上がってくる。


杏子は焦った。


もうこのまま自室に戻るには遅すぎる。


バレる。


今しかない。


蛇口をひねる。


母親の足音が二階に到達した。


 サクッ…


杏子は思い切って、強く左手首に刃をひいた。


 カツン…ッ


右手から離れた剃刀は水流に押され、そのまま排水溝の小さな穴に吸い込まれてしまった。


「杏子っ!?」


母親の声が耳の奥に聴こえた。


「あんた、何やってんの!!!」


バタバタと母親が水道を止め、そばにかかっていたタオルで杏子の腕をとる。


杏子の腰は抜け、グニャリと経っていられなくなり、顔は涙でグチャグチャになった。


 TREEEE,TREEEE…


緊張が解けて、遠くなる意識の先に自宅の電話の呼び出し音が響いていた。



人気ブログランキングへ

Comment

泉月光詩 | URL | 2008.10.27 14:46
■┛)"O"(┗ ぎゃああ!

なにをやってるの~

思わず 叫んでしまいました。
壁|-)……リアルに想像しちゃい。

すいません
読み終わるまで、と毎回思うのですが…
コメせずにはいられなかったですm(_ _)m
香月 瞬 | URL | 2008.10.27 14:47
■すんません

ウイルス性胃腸炎でダウンしちょります。
だいぶ回復しましたが、まだ長時間起き上がっているのは辛いです。

>泉月さん
何やってるのーってコメントくださったのに続きが書けなくて申し訳ないです~(´Д`)
Comment Form
公開設定

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。