FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十話 * ~武彦の場合~ ①

俺、久保武彦の結婚が決まった。


そうなってもいいと思ってしたことだったが、妻になる女にガキが出来た。


俺は今、携帯電話を片手に、今までの女に片っ端からダイアルしている。


清算ってやつだ。


 ―― オ、大隈妙子。


思わず、通話ボタンを押そうとしていた指先が止まってしまった。


なかなか面倒な女だったよな。


最後に会ったのは…、確か、去年の秋ごろだったな。


知り合った日を含めて、直接会ったのは3度。


たった3度で、俺はこの女を切り捨てたんだ。


まだ、半年ほどしか経ってないのか。


俺は、一瞬の躊躇いがあったが、思い直して、妙子に電話をかけた。


 treee…、treee…。


呼び出し音、5度目にして、相手が出た。


「…も、しもし?」


ああ、この声だ。


「妙ちゃん?」


「うん…、久保…さん?」


ふうん、俺の番号はまだ妙子の携帯電話に登録したままらしい。


いつまでも未練たらしい女だ。


「元気?」


受話器越し、妙子が驚愕し、動揺しているのが手に取るように分かる。


「うん…、どうしたの、一体」


「いや、元気かなって、それだけだけど」


沈黙。


「妙ちゃん、彼氏出来たの?」


「ええ、あれから、徳田くんの同僚を紹介してもらって…」


徳田というのは、俺の大学時代の部活の後輩だ。


「徳田?また、なんで…」


妙子が言うには、俺と知り合った六本木のパーティーで一緒だった俺の大学の先輩主催の合コンで徳田と出会い、また更に徳田主催の合コンで徳田の同僚を紹介してもらって意気投合したらしい。


「へえ、じゃ、今、幸せなわけだ」


「…そう、だね。一応」


妙子は電話口で弱弱しく笑っている。


こいつ、本当はまだ俺のこと引きずってるな。


口調から、そんな様子が伺えたが、ここは退こう。


まだまだ、優しい言葉を掛ければ、俺に対して喜んで股を開くだろう。


それだけ分かれば十分だ。


俺は、敢えて、結婚のことは言わずに電話を切った。


「じゃあ、彼氏と仲良くね。じゃあな」


悪い男だな、俺って。


でも、先輩といい、後輩といい、大学の連中と繋がってるのか。


相変わらず、面倒な女だ。


俺は、ひとしきり、女たちに電話を掛けるのは止めた。


携帯電話をポイと低いテーブルに投げる。


セーターの袖を捲くり、ぐいっと両腕を上に伸ばした。


ソファにゆったりと身体を投げ出すと、煙草に火をつけた。


深く吸い込んで、紫煙を吐き出す。


俺は、目を瞑り、妙子とのことを思い出した。


人気ブログランキングへ

Comment

泉月 光詩 | URL | 2008.10.27 14:33
んま!なんて男かしらと、おもいながらも、ワクワク≧(´▽`)≦
つづきたのしみにしてま~す。
香月 瞬 | URL | 2008.10.27 14:34
>泉月さん

いつもありがとうございまーす。
ちょっと話かぶっちゃうけど、よろしくですー。
Comment Form
公開設定

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。