FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第九話 * ~妙子の場合~ ①

老舗百貨店。


つばが浅めの黒い麦藁帽子。


手にはメッシュの短い手袋。


白と紺のコンビの爽やかなワンピースには金色の大きめのボタンが光る。


黒いエナメルのパンプスを履いた細くて長い脚がカツカツと音を立てて、進んでいく。


同じ格好をした女性たちが数名、一列に並んで颯爽と店舗内を歩いていき、一人、また一人と列を離れ、レトロで美しいエレベーターの脇に立っていく。


次々と1階に到着するエレベーターから、同じ格好をした女性が降りて、待機していた女性たちと入れ替わる。


「交代いたします」


「交代いたします」


そう、声を掛け合うと外に出た女性がエレベーターの中に向かって深々とおじぎをする。


「お待たせいたしました」


エレベーターの扉が閉まる。


大隈妙子は、ホッとした表情で顔を上げた。


世で言う、エレベーターガール。


妙子は、腰を軽くトントンと叩きながら、控え室へ下がっていった。


「あー、疲れたーっ」


控え室の扉を開けると思わず声に出た。


「妙子さん、お疲れ様ですー」


後輩たちが声を掛けてくる。


「今日、やばくない?店内、混み過ぎ」


「やっぱ催しが物産展系だとジジババ多いですよねー」


パンプスを脱いで畳にあがると、脚にスプレーをかけてリフレッシュさせる。


冷蔵庫を開けて、自分のペットボトルを取り出すと、ロッカーの前に座り込んだ。


15分の休憩中にやることは、とにかく化粧直しだ。


「あ、妙子さん」


「ああ、杏子ちゃん、おつー」


後輩の杏子が、やっと見つけたという風に妙子の隣に座り込んだ。


「来週、六本木で広告代理店主催のパーティーがあるんですけど、いっぱい女の子呼んで欲しいらしくって。妙子さんも行きませんか?」


お疲れの妙子の瞳に生気がやどった。


「広告代理店って?」


「電報堂です」


「オッケ、行く行く!いつー?」


妙子の趣味は合コンと言ってもいいくらいに、こういう話は大好物だ。


まして、相手が大手の広告代理店とあらば、断る理由はない。


何を隠そう、妙子の座右の銘は【愛は金なり】である。


ふと左腕のロレックスに目を落とす。


そろそろ店内に出る時間だ。


「おっと」


妙子は慌てて、グロスを塗ると、立ち上がった。


鏡を見ながら、帽子を整えると、気合が入った。


エレベーターにあと一回乗れば閉店時間。


杏子のオイシイ誘いに残りの時間も頑張れそうな気がした。

人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。