FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第八話 * ~和人の場合~ ①

「殿フェロ見た~?」


「見た、見た、よゐこ出たじゃん。どぜう、超ウケた」


「てーか、ヨシキでしょう。とぶくすりのが面白いのにねー」


ギャハハハ…と品のない笑いが廊下の片隅から聞こえてきた。


伊達和人は、そんな女子連中を一瞥して、大股で自分の教室へ向かった。


ここは、関東でもまだ少し山が残っているような地にある一部寮制の共学高等学校である。


和人は、今、高校二年生。


実家は23区内にあり、家から通えない距離でもないが、親の勧めで寮生活を送っていた。


寮では、基本的にテレビを見ることは出来ないので、ああいった品のない話題で大爆笑しているのは通学生の連中だ。


これまでの寮生活の中で、唯一テレビを観られたのは、W杯予選…、ドーハの悲劇の時だけである。


あの日は、久しぶりのテレビだったのに、相当落ち込んだものだ。


バスケ部の和人でさえ、どんよりした気持ちになった。


教室に入った和人は、机の中に今日の分の教科書を入れようとした。


「あれ」


ゴツっと何かが当たって、教科書が中に入らない。


腰を折り曲げて覗くと、机の奥にピンク色の包みが入っていた。


「?」


取り出してみると、可愛らしいリボンがかかり、名刺サイズのカードに【伊達くんへ】とハートマークがあしらわれていた。


慌てて周りを見回して、そのまま包みを机に押し込んだ。


不自然に腹部を机に押し当て、机の上に大袈裟に頬杖をついた。


 ―― あー、そっか俺、今日誕生日じゃん。


合点がいったが、この中身をどうしたもんかと頭を悩ませた。


和人は女子の扱いが苦手である。


高1の時に、この学校ですぐに彼女が出来たが、なんだかすれ違いで別れてしまってから、彼女には縁がない。


しかし、目ざとい女子は放っておかない。


和人は、バスケ部でレギュラーを張るだけあって、スラリと長身である。


顔は小さくて、脚は長い。


お洒落にもそれなりに気を遣っている。


最近のお気に入りの靴はドクターマーチンだ。


性格はクール。


少し怖がられることも多いが、保坂尚希に似ているなどとよく言われる。


自他共に認める“モテる人種”である。


悪い気はしないが、女子は勝手に騒ぐので困る。


今の和人には、そんな人気も「うるせえ」としか思えなかった。


 ―― さて…、この爆弾はどう処理すっかな。


和人が頭を巡らせていると、同じバスケ部員である有野が寄ってきた。


「おい、伊達。廊下で、女子どもが呼んでるぞ」


 ―― 来た…っ。


去年のバレンタインもこうだった。


今日も怒涛のプレゼントラッシュが予想された。


 ―― めんどくせー。


和人は仕方なく立ち上がって、教室を出た。

人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。