FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第六話 * ~マリアの場合~ ?終

翌々日、マリアは隆徳に誓約書を渡し、署名捺印させた。


内容は、二度と不倫はしないこと、次回発覚の際、離婚を提示されたら速やかに了承すること。


その代わり、今回の件は一切公にはしないこととムービーの削除をマリアは約束した。


実際、損な契約かもしれない。


だけど、マリアの本当の気持ちは、実は恥ずかしかったのだ。


【不倫をされた妻】というレッテルを貼られるのは耐えられなかった。


自分の友人には勿論、隆徳の知人にも、肉親にも知られるのを恐れた。


何よりも早苗に、動揺した自分を知られるのが、どうしても嫌だった。


 ― そんなことされる側にも問題あるに決まってるじゃない。


脳内に響く早苗の声にマリアは耳を塞いだ。






そして、今。


マリアは郵便窓口にいた。


内容証明まで大袈裟にはしたくなかったが、せめて書留で宮尾久美に手紙を送ろうとしていた。


直接、会おうかとも考えたが、やはりプライドが邪魔をした。


それ以上に、何よりも怖かった。


実物の宮尾久美と対面して、育児にいっぱいいっぱいのヤツれたマリアと比較されるのも。


こいつが、旦那を放っておいた悪妻かと内心思われるのも。


愛されたのは自分だと居直られるのも。


全てが、傷ついた心には重荷だった。


マリアには、隆徳との間に出来た二人の大事な子どもがいる。


だが、そんなことしか繋ぎ止めている理由がないなんて、それを知られるのも苦痛だった。


マリアは自分の存在を極力表に出さないように細心の注意を払った。


誓約書も、同封した手紙も、宛名も差出人も、自筆では書かなかった。


人間味を出したくなかったし、実在のマリアに勝てると思われたくなかった。


それほど、弱気だった。


 ― どんなに立場が愛人より上でも、私はしょせん、浮気された妻なのだから…。


傍から見たら、妄想かもしれない。


しかし、マリアの内面はすっかり早苗の言葉に打ちのめされていた。


みるみる自信を失っていった。


隆徳にも必要とされていない。


 ― 妻って…何なんだろう?


窓口で、書留代を支払うと、フラフラと外に出た。






抱っこ紐でマリアの胸元にいる子どもをふと見ると、安心してスヤスヤと眠っていた。


グッと涙が瞳をせりあがった。


 ― この子たちの為に…。でも、どうして私だけが、こんなに頑張らないといけないのだろう。


マリアは、自分自身で、子の親を奪うことだけはしまいと誓ったのに、既にその考えに揺らいでいた。


 ― いっそ、このまま消えてしまえたら楽なのに…。


数日前まで、隆徳のことを全身全霊で愛していたはずなのに、もうそんな気持ちは瞬く間に失せていた。


だけど、それでも離婚の選択肢はなかった。


子どもたちを育て上げる義務の為に。


誰にも知られずに、この件を片付ける為に。


マリアのちっぽけなプライドの為に。


早苗に負けない為に。




 -終-


人気ブログランキングへ

Comment

まきっちょ | URL | 2008.10.25 17:03
■ふ~む

ウチは不倫とまだ無関係ですがー
マリアの気持ちがすごく分かる(iДi)
早苗嫌い!
女ってこういう気持ちになるんだよなぁ
次、早苗読みます(o^-')b

香月 瞬 | URL | 2008.10.25 17:04
■>まきっちょさん

ありがとうございます。
嫌いとか感じてもらえると嬉しいですねぇ(≧▼≦)
泉月光詩 | URL | 2008.10.25 17:05
■マリアの気持ちを痛いほど解りました

旦那には 無かったけど、元彼がとにかくモテるタイプで…。しかも いましたよ 早苗みたいなタイプ。って まだマリアの話しか読んでないのですが。

記事アップされるの楽しみにしていました。
次も楽しみ 次は 久美なんですね~
o(^-^)oワクワク
香月 瞬 | URL | 2008.10.25 17:06
>泉月さん

ありがとうございます。
こんな女いるいる~と思って頂けると本望でございます。
小町 | URL | 2009.01.28 19:59 | Edit
登場人物があらゆるところで関わりがあったとは、このような設定好きです。
岩井志麻子さんの、花鳥風月の様な。
あ、これってあの人だったの~!と、心のなかで発見したかの様な喜び。
香月 瞬 | URL | 2009.01.28 21:15
おっ、気付いてもらえましたか!?
よかった~。
読みながら、あれ?この人?って思ってもらえると、書いた甲斐があったなって、励みになりますよ。
Comment Form
公開設定

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。