FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第五話 * ~潤奈の場合~ ⑧

とにかく潤奈と妙子は目に付いた居酒屋に入った。


上着も脱がずに、まずはポケットボードを取り出し、携帯とつないだ。


妙子は興味津々に画面を覗き込んでいる。


受信完了。


【HARU】の文字が並んだ。


「うわ、こわっ」


「昨日、返信しなかったから…」


ざっと目を通すと、何故返信メールがないんだということと、自分と寝た女が離れていくワケがないという自信を崩されたショックが延々と綴られていた。


携帯電話の留守番電話サービスにも一件、メッセージが入っていた。


「逃げれば追うってやつじゃないのー?」


妙子は呆れ顔で脇からメールを読んでいた。


「にしても、昨日の今日で、逃げるもなにも…」


「今流行りのストーカー気質ってことなんじゃないの?」


確かに、本名も職場も明かしていないのに、知っていることといい、その性分は否定しきれなかった。


可能性としては、鞄の中の社員証などを見られたのだろう。


「今のうちに着信拒否設定にしときなよ」


妙子のアドバイスに従って、早速、携帯電話をいじる。


そのうちに注文したお酒がきた。


「で、どんな人だったのよ?」


妙子はそれが聞きたくて仕方がないようだった。


潤奈は、渋々、重い口を開いた。


「会社やってるんだって。お金は持ってるみたい。見た目は背の高い真田広之って感じで、結構二枚目なの。けど、服装が微妙にやばくて、おでこが上がってきてるのが気になるみたいで、整髪料で一生懸命どうにかしようと頑張っちゃって、前髪がベタッとしちゃってる感じ」


一気にそう言うと、手元のグラスも傾けた。


「で、まあ、その…、ご指摘の通りすぐ寝ちゃったんだけど、それがちょっと…」


「あー、俺は巧いぞ的な?」


「うん、いいもん持ってんだろみたいな…」


「見た目からして、ナルシストな訳だー。しかもSっ気ありでー」


妙子はうんうんと頷いて、皿にサラダを取り分けた。


「いるいる、そういうの。チヤホヤされてきちゃったんだね。外見も女も仕事にも苦労してなくて。けど、ハゲてきちゃって大ショックってね」


妙子が敢えて茶化してくれているのが分かった。


「そこ持ってきて、潤奈に避けられそう?って思って、プライド傷ついちゃってそう~」


鞄の中の携帯電話がさっきから何度も光っている。


着信拒否をしても、一応、着信履歴は残る。


「きっとさ、ハッキリ振っても、俺様のセックスの良し悪しじゃなくて、ハゲてきたせいだーとかって考えそうじゃない?」


そう言って、妙子は笑い飛ばした。


「とにかくさ、電話なりメールなり、もう会う気はありませんって一回ちゃんと言った方がいいかもよ。諦め悪いかもしれないけど」


 チャララ~ララ~


潤奈の携帯電話の着メロが鳴り出した。


見ると、公衆電話からだった。


「そいつじゃないの?」


潤奈は、切ろうとしたが、妙子が制した。


「出なよ」


確かに、先延ばしになるだけだ。


潤奈は覚悟を決めて、通話ボタンを押した。






・・・やっと出てくれた。


「ごめんなさい、仕事だったので」


・・・職場にも電話したよ。


「気付いてました。でも、そういうの困るし…、大体何故勤務先を知ってるの?」


・・・ごめん。


「私は、ああいう出会い方をして、今後もお付き合いを続けるって気持ちは最初からなかったし、なんかまるで彼氏みたいな態度されても迷惑だとしか思えなくて」


潤奈はわざと冷たく突き放した。


本当は期待していたくせに。


内心、自虐的になる。


・・・俺もそんなつもりじゃなかってんけど。


受話器の向こうで【HARU】が戸惑っているのを感じた。


・・・また会いたいって言うてくれへんかった女、初めてなんや。


「え?」


・・・どんな女も俺と寝たら一発や。惚れられて当たり前。なのに、君はメールも何もくれんかったやろ。


少し、間があった。


・・・本物なんちゃうかなって、思ってん。


潤奈はわざと大きくため息をついた。


イラっとして、自分の中の悪意がむき出しになった。


「あなたの自意識過剰なセックスが合わなかっただけ。もう電話もメールもやめてね。一切の返事しないから」


【HARU】が絶句していた。


そのまま潤奈は電話を切った。


人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。