FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第五話 * ~潤奈の場合~ ①

とっぷりと日も暮れた頃、駅に向かう雑踏。

「っていうかさー、もう合コンもネタ切れじゃない?」

「そうそう、もうコマ使い果たしたよねー」

「けど、クリスマスも近いっつーのに、全然いい男いないしさー」

「面白いだけじゃねー」

「私のモットーは、ラブ・イズ・マネーですからーっ!」

ギャハハハと賑やかな二人組、富澤潤奈と大隈妙子。

大手百貨店に勤めている同期だが、実態は派遣社員である。

愛は金なりと言い放った妙子こそ華やかなエレベーターガールだったが、連れ合いである潤奈は電話交換係だ。

この二人、月数回の合コンは欠かさない。

大手の百貨店の名前はなかなかの威力で、一流企業や業界人との合コンも珍しくない。

ただし、それは花形のデパートガールの特権であり、潤奈は内勤なので、男性陣の反応はイマイチ地味だ。

そろそろ妙子の人脈も薄れてきた頃で、合コンのセッティングにしてもなかなか難しくなってきていた。

「今さ、出会いサイトってあるじゃん。それ、見てみようかなあ」

「何それ、パソコン?持ってないから潤奈に任せる~」

妙子はおっとり甘えた声で、賛同した。

「それより、この前のビンゴで当たった映画の券、“踊る大捜査線”だったんだ。誰と観にいこうかなぁ」

「あーあれさ、こんなヒットすると思わないで、室井ファンの私としちゃ、観ないわけにいかないし~。邦画って誘いにくくて、初日に映画館ひとりで行っちゃったっての」

ふたりはたわいもない話をしながら電車に乗り込んだ。





自宅に戻った潤奈は、夜中気付かれないように、親のパソコンを開いた。

検索をかけると、出るわ、出るわ。

目についた出会い系サイトにアクセスした。

「へー、男は有料なんだ?」

男性に望む条件の設定をし、とりあえず掲示板に軽いメッセージを載せてみた。

【合コン相手募集!】

メールアドレスは、パソコンではなくポケットボードのものを入力した。

名前も当然、仮名だ。

「よし」

ひとまず終えると、自室に戻って、ポケットボードを携帯電話につないだ。

「えっ?」

潤奈は目を疑った。

予想だにしなかった量のメールが、ものすごい勢いで受信箱に上がってくるではないか。

ものの数秒で容量オーバーである。

潤奈は慌てて、怪しいメッセージやポケットボードでは見ることが出来ないファイル付きのメールを削除し、職業や年齢や住まいをチェックし、いくつか返信をした。

割合的にはシステムエンジニアと名乗る男性が多いが、中には金融系や医者なんかもいた。

「すごい釣れた」

潤奈は小踊りして、妙子にショートメールを送信した。



人気ブログランキングへ
プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。