FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第四話 * ~早苗の場合~ ①

 ―― キーンコーンカーンコーン…。

終業のベルが鳴り、高田早苗は机の中から、週末に受験勉強に必要な英語と古文の教科書を抜き取り、鞄に入れた。

「だぁ~、辞書もだよ」

早苗はだるそうに立ち上がって、廊下に並んでいる自分のロッカーに向かった。

扉を開けて、しゃがんでいると、後ろから目隠しをされた。

「こぉら、マリア~!?」

手をどけて、振り向くと隣のクラスの橘マリアが微笑んでいる。

「早く帰ろ。今日のお泊り楽しみにしてたんだ」

早苗とマリアは、高校一年時に同じクラスで出会い、出席番号が前後だったキッカケで、以来親友の付き合いである。

部活も三年間一緒、高三の今でも変わらず仲良しで、週末は時々お互いの自宅に泊りに行く。

今日は早苗の家にマリアが訪れる日である。

マリアは二年連続、この高校のミスコン優勝者であった。

特別、容姿に長けているわけではないが、天然でほんわかとした癒しの雰囲気と爽やかな色気を持つマリアは男子生徒に抜群の人気を誇る。

その分、同性には避けられがちな一面もあった。

一方の早苗は見た目も悪くはないのだが、やや男勝りで、性格もキツイ。

マリアと並んでいると引き立て役に近いが、本人は、おっとりしたマリアのお守的な役割と自覚していた。

マリアが他の女子に嫌われていようと、早苗にとっては凄く良い子で、かけがえのない友人であった。

しかし、早苗は知っていた。

マリアは、これまでことごとく身近な友人たちの恋人を狂わせている。

マリア自身は「いつのまにか仲良くしたいお友達が去っていくの」などと嘆いていた。

しかし、早苗から見たマリアは、まだ高校生ながら、実は計算で動いている魔性の女のような気がしてならなかった。

もっとも、今現在、二人にはそれぞれ彼氏がいたし、厄介な問題はなかったし、毎日が楽しかった。

特に早苗は、マリアたちカップルの協力のもと、クラスメイトからステップアップした彼氏が出来たばかりで最もラブラブな時期であった。

これには、マリアたちが一番喜んでくれていた。

ところが、早苗たちがうまくいった途端に、マリアが恋人に対する不満を言いだした。

彼が奥手で苛々するというのだ。

早苗は、一緒にいる二人が大好きだったので、なんとか修復の方向へと骨を折り、かろうじて交際は続いていた。

そんな中、早苗の地元の幼なじみが夏の甲子園大会、県予選の決勝に進出した。

幼なじみは、八木隆徳という。

早苗とは小学校からの付き合いで、異性でありながら今でも大親友として、よく帰宅後に会って遊ぶ仲だ。

昔から野球少年だった八木は、早苗の初恋の相手であるが、もちろん本人は知らない。

現在、早苗には大好きな彼氏が出来たが、八木はやはり別格な相手であり、心の奥ではいつも八木を思っていたし、強さと格好良さは自慢だった。

そこで早苗は泊りにきたマリアに八木を内緒で会わせようと目論んだ。

今までもマリアにはさんざん八木への恋心の話はしてきたし、こんな格好良い幼なじみがいるんだと実物を披露してやろうと…。

落ち着いて考えれば、これまでの例から行く末がわかりそうなものなのに。

早苗は八木の念願が目前に迫った喜びで舞い上がっていたのだろうか。



人気ブログランキング
プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。