FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第二話 * ~佐和子の場合~ ①

「!?」

身体を重ねていた正和のただならぬ気配に、天井を見ていた佐和子は頭をあげた。

正和の表情は青ざめている。

佐和子の目に映ったのは、ドロリとした血にまみれ、しょんぼりとおじぎをしているかのような正和自身だった。

「そんな…」

慌てたのは佐和子だ。

身体を起こして目を落とすとシーツは赤く染まっていた。

正和はあたふたした様子を隠すこともせず、ドアが開いたままのユニットバストイレに手を伸ばし、何度もカラカラとトイレットペーパーを引っ張りだしながら、自身についた体液と血液を拭っていた。

「ごめん、閉めるね」

佐和子はショーツとナプキンを手にトイレに閉じこもり、まず毛についた白いものを拭き取った。

気持ちを落ち着かせようと必死だった。

小椋佐和子、25歳にして、処女喪失の瞬間である。

噂には聞いていたが、初体験では本当に血が出るのか。

ドア越しに明らかに動揺している正和の声がした。

「俺、帰るわ~」

「ちょ、ちょっと待って、私もすぐ出るからさ」

佐和子は大急ぎでドアを開け、服を着た。

とっくに身仕度を整えた正和が所在なさげに立っていた。

「俺、用事思い出したし、もう行くって」

逃げ出したい感満々だった。

「や、ほら、私も亜弓ちゃんたち探さなきゃだしさ」

佐和子は無理矢理一緒に部屋を出た。





ここは、京都の御池にあるビジネスホテルの一室だ。

横浜から観光旅行に来た佐和子と亜弓が滞在している。

数時間前、正和と友人の晴樹が夕食後に四条橋付近をうろつく二人をナンパしてきた。

亜弓は乗り気ではなかったが、正和の顔が佐和子の好みだったので、独断で了承したのだ。

四人がカラオケで盛り上がった後、なんとなく佐和子と正和、亜弓と晴樹という具合に二対二に分かれた。

夜の街を散歩しながら、いい雰囲気になる。

先斗町の風情溢れる小路の途中で、鴨川を見ながら正和が言った。

「昔から京都にいるけど、ここが一番京都らしい思うわ」

正和は、ふいに佐和子の唇を奪う。

心臓がキュッと握られたような気がした。

飲み屋で強引にされた酒臭いキスしか経験のない佐和子にとって、こんなにときめくキスは生まれて初めてだった。

二人は手をつなぐと、また歩きだした。

道の端には数日前に降ったという雪がまだ溶け切れずに残っていた。


二月の京都は寒い。

佐和子は滑らないように、正和の手をもう一度強く握って、腕にしっかりつかまった。

 

人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。