FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第二十一話 * ~佳澄の場合~ ①

高橋佳澄は幸せだった。


六月に挙式を控えている。


相手は、秋谷陽平。


彼とは、枯葉の舞い散る季節に出会い、今日までとんとん拍子に話が進んだ。


本屋の雇われ店長。


お金はない。


だが、佳澄にとっては、これ以上の相手はいない、運命だと思えた。


優しくて、お洒落で、読書家で…。

 

 


二人の出会いは、秋谷の勤める本屋だった。


本好きの佳澄は、会社帰りに日課のように決まった本屋に立ち寄る。


そこが、秋谷の店だった。


佳澄は、気付いていなかったが、秋谷は前々から気になっていたらしい。


秋谷は、あまりレジには立たず、管理側にいることが多い。


出会ったその日、珍しく、秋谷がレジにいた。


佳澄が前から気になっていた文庫本を二冊見つけて、レジに差し出す。


宮部みゆきの本だった。


「宮部みゆき、好きなんですか?」


突然の男性の声にビックリして顔をあげた佳澄は、彼の柔和な笑顔に戸惑った。


「ええ、まあ…」


「これ、ハードカバーの時に読みました。なかなかオススメですよ」


店員は、文庫本にカバーをかけながら、そう話しかけてきた。


チラリとエプロンに目を向けた佳澄は、小さなプラスチックの名札に【店長:あきや】と書かれているのを確認した。


佳澄は、曖昧な笑顔を返し、つり銭を受け取って、本屋を後にした。


家に帰って、輪ゴムで留められた二冊の文庫をバッグから取り出し、早速パラパラとめくる。


「え?」


しおりの挟まっていたページが開かれたとき、目を疑った。


そこには、しおりではなく、名刺が入っていたからだ。


 ―― ○○書店 店長 秋谷陽平。


「あ…」


 ―― さっきの人…?


呆然と名刺に見入る。


佳澄は、秋谷の優しそうな笑顔を思い出して、カッと赤くなった。 

FC2 Blog Ranking


プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。