FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第二十二話 * ~忠則の場合~ ①

斉藤忠則、18歳。


受験競争に勝ち抜き、今年の4月から、晴れて大学生の身となった。


出身は、群馬県某市。


入学した大学は、東京の都心部と、そこからかなり離れた埼玉の奥地とにキャンパスがある。


忠則は、工学部の学生であり、1、2年生のうちは埼玉のキャンパスに通う。


実際のところ、群馬の実家から通えない距離ではない。


だが、とにかく憧れのキャンパスライフを早く満喫したくて、少し無理をして都内の方のキャンパス近くに1Kの部屋を借りた。


いや、正直な話、今のところは親に借りてもらっている。


せっかくの一人暮らしも親の脛を齧っていてはお話にならない。


車の免許も欲しいし、取得した暁には車だって欲しい。


早速、バイトを始めなければならない。


一人暮らしを始めて最初の月、とりあえずの目安にと親に家賃と光熱費の内訳を教えてもらって、驚愕した。


自分がいかに世間を知らなかったかを思い知らされる金額だった。


光熱費というものの存在を意識したことがまるでなかったからだ。


今まで、実家でも使い放題にしてきた自分を恥じた。


食費だってそうだ。


家に帰れば何かしらあった食べ物が一切ない。


コンビニ弁当や外食がいかに無駄遣いなのかを知った。


何が、免許だ?


何が、車だ?


両親は「勉学に励んでくれればそれでいい」と4年間の学費と生活費の全面援助を申し出てくれたが、親のありがたみを身をもって知ってしまった今、とても全部は甘えられない。


せめて生活費は自分でどうにかしたいと伝えた。


まだ、「大学は勉強するところ!」と生真面目に思っていた頃だったのが功を奏したのかもしれない。


忠則は、取るべき授業にしっかり出席し、終わるとすぐにファミレスのバイトに勤しんだ。


サークルの数多の勧誘にも乗らず、住まいと大学とバイト先の往復のみの毎日。


短期バイト斡旋の会社にも登録し、時間が空くと工事現場や倉庫作業のバイトもした。


3ヶ月もした頃、ようやく要領を掴めてくる。


がむしゃらにせずとも、自分のペースで、大学とバイトに出られるようになった。


彼女に出会ったのは、そんな心に余裕も出てきた頃だった。


まもなく、夏休みが始まる…。

FC2 Blog Ranking

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。