FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第二十三話 * ~毅の場合~ ①

気に入らない。


なんで、アイツはいつも俺の周りをウロチョロしやがるのか。


俺の名前は、有野毅。


高校を卒業してすぐに、俺は音楽の専門学校に入学し、二年が経つ。


もちろんプロを目指す為だ。


俺の専門は作曲で、楽器はピアノ。


同時期に入ってきた伊崎祥太郎は、俺の一歳年上で、一応4大生でもある。


それも、小さい頃からエスカレーター式での有名私大。


実家は金持ちってことだ。


ついでに言うなら、ソアラなんかに乗って学校に来る。


とにかく、やたらと俺の癇に障る男なんだ。


アイツは、管楽器だ。


カッコつけてテナーサックスなんか吹いていやがる。


ただの趣味。


俺とは覚悟が違う。


それなのに、アイツが組んだバンドはやたらと人気があるんだ。


ボーカルのヤツは大したことないのに、そこそこのギターとベース、それに凄い才能のあるドラムの女の子がいるお陰で演奏は抜群に上手い。


それと、アイツのチャラいサックスが女の子たちをキャーキャー言わせている。


伊崎の野郎ってのは悔しいがルックスがいいんだ。


俺も自分で言うのもナンだが、見た目は悪くないと思ってる。


ただ、いささか口と性格が悪いのが玉に瑕というか…、でも自覚してる分だけマシだろ?


俺も一応ユニットらしきものは組んでる。


シンセサイザーとパソコンの打ち込みでオリジナルを作る俺のスタイルは、楽器をやりたいヤツには敬遠されるんだ。


だから、ボーカル科から声のいい女の子を見つけては、歌声を入れてもらっている感じだ。


カッコつけて言うなら、プロデュースしてるっつうの?


俺の曲を歌ってもらうなら、野郎よりは女の子がいい。


今を時めく小室哲哉みたいなスタイルだと思ってくれれば、イメージに近いかもな。


ただ、頼む女の子たちがことごとく伊崎と仲が良かったり、伊崎に憧れていたりするのがムカつくんだ。


俺の前で、ヘーキで「伊崎君たちのバンド」の話をする。


なんだよ。


サックスなんてオマケじゃねえかよ。


音楽の才能的には俺の方が絶対に上なのに…。


でも、俺もそろそろ打ち込みの音に限界を感じていて、リズム隊だけでも実際の楽器を使いたいと欲が出てきた。


そこで目を着けたのが、伊崎のバンドのドラマーだ。


あの、めちゃくちゃ巧い女の子に、俺の曲を叩いて欲しい。


ところが、その子が伊崎と恋人として付き合っているっていう話を小耳に挟んだんだ。


なんでだよ。


くそ、確かに美男美女だよ。


でもさ、なんで伊崎?


気に入らない。


マジで気に入らない。


人気ブログランキングへ

 

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。