FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第二十話 * ~慶子の場合~ ①

首相が二度も続いて任期途中で職を辞し、去年に引き続き、自民党の総裁選が行われた九月。


豪雨被害、不良債権、食品に有害物質混入、…暗いニュースばかりが続く。


福岡、千葉と続いて子どもが死ぬという惨劇。


慶子は、テレビの中のニュースキャスターに向かって、思わず呟く。


「…なんで、そんな家に生まれちゃったんだろうねぇ」


声に出てしまったことにハッとして、慶子は慌ててダイニングチェアから立ちあがった。


お茶でも淹れようと流しに向かい、急須に入りっぱなしだった出涸らしのお茶の葉を三角コーナーに捨てる。


ひとつ溜息をついた。


山本慶子。


三十路の時に一つ年下の夫と結婚して、この九月で五年が経つ。


子どもは大好きだが、二人の元へは未だコウノトリは訪れていなかった。


新婚のうちは姑や実母から矢のような催促があったものだ。


望んでいるのに五年も妊娠しない慶子を見て、空気を読んだらしく、最近は何も言わなくなってきた。


赤ちゃんはまだなの?と言われると辛いが、何も言われないのも石女だと諦められてしまったようで悲しい。


不妊治療に通っている努力が報われる日を慶子はまだ信じているのだから。


慶子は新しい茶葉を入れた急須にポットからお湯を注いだ。


小さな子が殺されたり、攫われたりする事件を聞くたびに、慶子の心は何とも言えない嫌な気持ちになる。


まして、犯人が実の親だった場合のやりきれなさ。


何故、自分のところには子どもが出来ないのだろう。


ろくでもない親のところに生まれて死んでしまうような運命。


絶対幸せにしてあげられるのに。


「あちちち」


お茶の入った湯呑みを持って、ダイニングテーブルにつくと、置いてあった携帯電話が光った。


マナーモードにしてあるそれを開く。


着信したメールの送信元を見て、慶子は少し驚いた。


 ―― 鈴木、輝元…?


大学のときの同級生である。


懐かしい名前にどうしたんだろうと本件を読んで、慶子は「えっ」と声が出てしまった。


「僕の娘が…死に、ました?」



人気ブログランキングへ



プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。