FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十九話 * ~達矢の場合~ ①

「ネタ…、ネタ…」


深夜。


真っ暗なアパートの一部屋。


柴田達矢は、パソコンの液晶画面の光に顔を照らされながら、「ネタ…」と呟いている。


マウスを握りしめる右手。


顔は、画面スレスレにまで寄っている。


2chのスレッドを各板隅々まで読み漁るが、達矢の琴線に触れるものはなかった。


「うおー、去年の今頃は、電車男で盛り上がってたのになあ…」


両手で顔面を覆うと、後ろに仰け反った。


小劇団の作・演出家の達矢は、かなりのスランプに陥っていた。


その電車男も映画化され、初夏には放映されるらしい。


舞台化の話も耳に入って来ていた。


「やられたよなー…」


仰け反ったまま、後ろの壁掛け時計に焦点を合わせる。


「8時半…?ちげえ、3時だ」


今日の午後の劇団の稽古時間までに、脚本をあげなければと思っていたが、無理そうだ。


プロットすら出来上がっていなかった。


今回は、誰かのエチュードから話を発展させるか、と諦めモードになる。


達矢が、こうもネタ切れになった理由は、一人の劇団員の裏切りに原因があった。


自分が思った以上に、メンタル面にダメージが来た。


 ―― 裏切り…?


暗闇を歩いて、冷蔵庫を開ける。


中に一本だけあった発泡酒を取り出した。


 ―― 自業自得だろう。


プルトップを開け、達矢は自嘲する。


冷えた発泡酒を勢い良く喉に流し込んだ。


一人の劇団員。


「っあー、…んめ」


それは、入団の頃から達矢が可愛がってきた女優だった。



叱咤激励!


Comment

cdoor | URL | 2008.10.27 15:44
よくこんなに毎日書けるね。
ソンケーしちゃう♪
ただ書くだけならそんな人も少なくないけど
瞬さんのはクオリティ高いから(憧)

香月 瞬 | URL | 2008.10.27 15:45
■いやいやいや

>cdoorさん
飽きたら滞りますよ~。
今回は大分見切り発車です。
そこ、ハードルを高くしないように!
Comment Form
公開設定

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。