FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十八話 * ~佑介の場合~ ①

森中佑介は、出来たばかりの六本木ヒルズに来ていた。


1階のカフェでランチがてら、優雅に読書をしている。


ふと腕時計に目を落とすとまもなく13時をさすところだった。


「さて…」


読んでいたミステリー小説をビジネスバッグにしまうと、残っていたコーヒーに軽く口をつけた。


佑介が席を立つと、


 ピピピ…


胸元で携帯電話が鳴る。


液晶には、高橋佳澄の名前があった。


「はい」


「あ、佑ちゃん?今、大丈夫?」


「ああ、これからお客んとこ。」


「お、保険加入してもらえたんだ」


佑介は、先方との約束の時間を気にして、少し早足になった。


「いーや、それを頼みに行くところ。…で、何だよ?」


「今夜空いてたら飲み行かないかなって」


佑介は少し考えると、答えた。


「あー、明日早いから、あんまり遅くならないんならいいけど」


「わかった。じゃ、仕事終わったら電話して。いつもの上野の店で待ってるから」


そう言って、電話は切れた。


横断歩道を前に立ち止まった。


佳澄は、大学時代からの友人である。


社会人になって、中堅保険会社に勤務してからも何かと連絡をしてくる数少ない女友達だ。


お互い読書好きで、色恋関係なく会えるという点において、佑介は佳澄との時間を割と気に入っている。


歩行者用の信号が青に変わった。


少しの距離でも歩くと汗ばむ季節。


佑介は、ポケットからタオルハンカチを出すと額の汗を抑え、目の前のオフィスビルに入った。


 ―― 今日こそ、契約が取れますように!


そう願いつつ、エレベーターの上ボタンを押した。



人気ブログランキングへ


Comment

cdoor | URL | 2008.10.27 15:12
うわあ、たくさん書いてるね。
今度時間あるときにじっくり読むからね。
今日は僕んとこきていただいてありがとう。
応援押しといたよ♪
☆☆☆☆←瞬さん欲張り(笑)
香月 瞬 | URL | 2008.10.27 15:13
>cdoorさん

よ、欲張り???

覗きに来て下さったんですね。
嬉しいです~。
今までアメブロしか見てなかったんで、他もいろいろ読んでみようと巡っていた中で、面白かったのでコメント残させてもらいました。

応援、ありがとうございました。

Comment Form
公開設定

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。