FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十七話 * ~友紀の場合~ ①

天野友紀。


16歳なりたてホヤホヤ。


東北のとある地から、関東のハズレにある一部寮制の共学高校に入学した。


高校には、日本全国各地からは勿論、台湾や香港辺りからも入学者が集まっている。


何が有名という訳でもないが、某宗教の教祖が創立した学校だと言えば、何故これだけ全国から集まっているかが多少は理解してもらえるだろうか。


この学校は、入学早々に二泊三日の研修旅行がある。


まだ、ろくにクラスメイトたちの顔も名前も覚えていないし、友達もできていない状況での旅行。


なかなかしんどいが、荒療治でもある。


これから3年間、寝食を共にせねばならない仲間たちとの最初の裸の付き合いの場だからだ。


積極的な子たちは、この研修旅行の間にどんどん友達を作っていく。


研修の間は上級生がいないから、その点は伸び伸びと過ごせるのが利点でもある。


不思議と関西や関東の都会から出てきた生徒たちは比較的早く馴染む。


実は、同じ日本なのに、方言の壁は意外と厚いのだ。


田舎から出てきた生徒は、もともとが良く喋る明るい子だったりしても、訛りを堂々と口に出せずに、無口になる。


まして、その地方から出てきたのが自分ひとりの場合、確実に標的になる。


当たり前だと思って発した言葉が、物笑いの種となり、最悪の場合、3年間のあだ名となってしまう。


東北から来た友紀は、まさにそんな生徒のうちの一人だった。


自分の言葉が聞き返されたりせず、ちゃんと通じるか自信が持てず、いつのまにか無口で大人しいキャラとなっていた。


中学までは元気ハツラツだった子たちが、ホームシックも手伝って、徐々に精神を病んでいく。


一年生の一学期の時点で寮を脱走する者、退学する者は、想像以上に多い。


ただ、友紀の救いは、勉強が出来、東京の子に負けないくらい流行に敏感で、容姿が抜群に良かったこと。


先生からの信頼は厚くなるし、男子からもチェックされる。


女子からですらチヤホヤされる。


友紀は、確実にこの学校での地位を築いていき、徐々に標準語にも慣れていった。


人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。