FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十四話 * ~橙子の場合~ ①

待って。

行かないで。

お願い。

堕ちる。


「貴昭、待って!」

 


自分の声で目が覚めた。


全身にビッショリと汗をかき、パジャマは肌に、髪の毛は頬や首筋に張り付いていた。


目尻からは涙が流れている。


 ―― 泣いてたんだ…、私。


カーテンの閉まった窓に目をやると、その明るさから、朝はとっくに終わっていることが分かる。


窓の外から聞こえてくるアブラゼミの鳴き声が、暑さを倍に感じさせる。


堀川橙子は、布団から起き上がると、流しに水を飲みに行った。


都心で一人暮らしを始めて、かれこれ10年近くなるというのに、お洒落な生活とは縁遠い。


橙子は、小さな劇団に所属する舞台女優。


もう今年で32歳になる。


たまに再現ドラマのオファーは来るが、あれに出たら役者として終わりだと思っている。


プライドだけがこの生活を支えていた。


実態は、毎日バイト三昧の売れない女優だ。


コップ一杯の温い水道水を飲み干すと流し台に両手をつき、溜息をついた。


夢見が悪かった。


 ―― 貴昭…。


昔の恋人が、なんで今頃、夢になんか出てきたのだろう。


あの男と出会って、別れて、ケチのつけ通しの人生だった。


谷内貴昭は、橙子を捨てたフリーの舞台照明家だ。


7年前…、この小さな身体に、あの男の子どもを宿した。


あの子が生まれていたら、もう小学生だったのか。


橙子はそんなことを思って、そのまま流しで煙草に火をつけた。



人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。