FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あとがき解説 その4

第十二話 「茂樹の場合」


 後藤茂樹(24)(31)


久美の場合の舞台から過去を眺めています。

私自身、遠距離恋愛ってもんをしたことがあるんですが、4ヶ月くらいしか持ちませんでした。

毎日、電話で喧嘩でした。

信用が出来なかったんですかねえ、いろんな点で。

その時にしてみたかったこと。

突然、遠く離れた彼の家を訪ねるってやつ。

お金がなくて出来なかったので、話の中でやってみました。

それと、初めて「デス・マス調」で書いてみたんですが、いやはや書き難いっ!

もう、やんね…。




第十三話「ななの場合」


 渡辺なな(14~15)


こちらは、中学生の話ですが、実態は相手の芳野浩太の話を作りたくて、書き始めました。

えっと、杏子の場合に出てきた彼の過去ですね。

杏子と浩太。

ななと浩太。

同じくらいの年恰好。

ここがミソでございます。

浩太は、分厚い眼鏡をかけていて、こざっぱりしていて、でもアキバにいそうな感じ。

昭和歌謡/高層ビル好きのオタク俳優:半田健人が、イメージぴったりなんですよね、私の中では。

彼に、眼鏡とリュックをあてがって見てください。




或る方からのメッセージで、

短い文章で書いている点を私の特徴として挙げていただきました。

言われてみれば、脚本のト書きっぽいなと。

実際、私が演劇部だった由来なのでしょうか…?

「あなたの場合」と銘打っているので、

出来ればいろんな「あなた」にシチュエーションを当てはめて欲しくて

敢えてそうしている部分もあるんですけど、

そうかと思うと、異常に詳しく書き込んでいる部分もあったりで

あんまり統一感ないんですよね。

実際あったことを一部分ネタとして使うと

変に細かく説明的になったりしちゃいます。

クセなのか、もうちょっと気をつけてみようかと思います。



香月 瞬

人気ブログランキングへ

Comment

Comment Form
公開設定

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。