FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* 第十三話 * ~ななの場合~ ①

渡辺なな、中学三年生。


昨日から夏休みに入った。


今日から早々に、家庭教師がつく。


ななは、これまで一度も塾に通ったことはない。


学校の授業だけでも、充分理解出来ている。


塾は帰りが遅くなるし、違う学校の知らない生徒とも関わりが出来るから、親は心配なのだ。


ピアノも習っているが、それへも親が車で送迎してくれる。


別に家が裕福なお嬢様という訳ではない。


単に過保護なだけだ。


ここにきて高校受験に向けて大事な時期を迎え、流石に親も考えたようで、塾ではなく家庭教師という方法を選んだ。


ただそれだけのことだ。


ななは、勉強が出来ないわけじゃないが、好きではないので、この決定は正直歓迎していない。


先生は、この春大学生になったばかりの人だそうだ。


一応、有名私大に現役で入った人ではあるらしいが、一体どんな先生が来るのだろう。


優しいキレイなお姉さんだろうか。


それともSMAPの森くんみたいなカッコいいお兄さんだろうか。


ななは、本来の目的そっちのけで、期待に胸を膨らませた。


チラリと壁の時計を見上げると、17時なろうとしていた。


これから週2回、17時から19時までの二時間が、ななの家庭学習の時間となる。







♪ピンポーン


ななは、部屋でドキリと身を縮ませた。


階下から、母の声が聞こえる。


「あ、芳野先生ね、いらっしゃいませ。ななー、なな、降りていらっしゃい」


ななは、ひとつ深呼吸をして、部屋を出た。


階段を降りていくと、玄関ホールに青いチェックの半そでシャツにチノパン、リュックを背負った若い男性の後姿が見えた。


 ―― オタク?


ななが一階に降り立つと、ちょうど靴を脱ぎ終わった先生が振り向いた。


「あ…」


一瞬、驚いた声を漏らした先生が、ななに向かって会釈した。


「芳野浩太です。ななさん、今日からよろしくお願いします」


「はいはい、ここ狭いから、奥へどうぞ」


母が、リビングへ芳野先生を案内した。


やたら分厚い眼鏡に長めの髪の芳野先生は、ななにはちょっと気持ち悪く見えた。


「じゃね、今日からこのリビング使って、お勉強してちょうだい」


母が言った。


リビングには、勉強用に小さなテーブルが置かれていて、座椅子が用意されていた。


 ―― 良かった。こんなキショい人、部屋入れたくないもんね。


ななは、少しホッとした。


芳野先生は、居心地が悪そうに床に膝をついた。


「渡辺なな。志望校は、M高校なんだけど、ちょっと偏差値足りないんだって」


ななが、早口でそう言うと、芳野先生は中指でせわしなく眼鏡をあげる素振りをした。


「そう、じゃ、今日はどのへんの勉強が苦手なのかとか、そういうの全体的に教えてください。次までに対策を立ててきますから」


「うん、わかった。じゃ、教科書持ってくるね」


ななは、そう言って、また階段を昇っていった。


人気ブログランキングへ

プロフィール

香月 瞬

Author:香月 瞬
短編小説を主に、様々な恋路を綴ってまいります。
友達のコイバナを聞くようなつもりで読んでいただけると嬉しいです。

検索&ランキング
参加しています。
にほんブログ村 小説ブログへ 人気ブログランキングへ
よろしくどうぞ。
カテゴリ
最新記事
Twitter
リンク
このブログをリンクに追加する
MicroAd
CHECK IT!
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。